ガーデニング用品を揃える秘訣|華やかな庭になる

大切な緑の森林

木材

木を切る時の方法の種類

巨大な丸太は材木の原料です。それは建材に使われたり、身近な紙類や割り箸などにも使われています。それらはすべて伐採を行なうことで生まれる木材です。切ることだけを伐採というのではなく、伐採にもいくつか種類があります。主伐森林などの木が生い茂っている場所の樹木を収穫するために伐採する行為を主伐と言います。皆伐一定の区画にある樹木を全て伐採することを皆伐と言います。場合によっては山肌が見えるほどまでに伐採されていたこともあります。しかし、最近では環境の負荷軽減をするようになってきています。択伐数年から数十年おきに数本切ったりして量を調整を取りながら森林や環境への影響を極力減らす伐採方法です。狙った樹木のみを切り倒すためコストがかかります。と、いうのも重機を利用することが多いために、道路を作ることや重機が通る幅を開けなくてはならないので、その分切り倒さなければならなくなったりなどの問題点も挙げられています。間伐森林も木が増えてくると、地面に日光が当たらないと枯れてしまう木が出てきます。そうならないために、木と木の間を広く開けることで日光が地面まで当たり森林も活性化していくことにつながります。除伐森林の管理で支障となる樹木を伐採することです。間伐とは違い目的の樹木の成長を阻害するものを全て伐採することです。農業で例えるなら除草になります。環境への取り組みで色々な方法が作られています。森林は日々減少していると言われています。最近では無闇に伐採するのではなく、管理した上で行なわれています。