ガーデニング用品を揃える秘訣|華やかな庭になる

芝を綺麗に保つ方法

芝刈り

芝の種類に合った管理

芝を綺麗に管理しようとすると、定期的に芝刈りを行うことが必要になるため、専用の道具を使って芝を一定の長さに切り揃えます。芝は夏に生長して冬には枯れる日本芝と、冬に成長して夏に成長が止まる西洋芝があるため、芝刈りは芝の種類に合わせて行います。日本芝の芝刈りが必要になる時期は4月から9月で、この時期には月に2回は芝を刈り取る必要があります。日本芝は冬になると枯れるため、その期間は全く芝刈りを行う必要はありません。また西洋芝は秋に最も成長が早くなるため、秋には月に2回の刈り込みをして他の季節は月に1回の刈り込みをします。芝刈りは芝の高さを2センチから3センチの間で揃えることによって、雑草が生えるのを防ぎ芝生の育成を高めます。芝の高さを一度に低くすると、芝が生長する部分を刈り取ってしまう可能性があるため、何回かに分けて芝刈りを行いましょう。一般的に芝を刈り揃えるには、芝刈り機を使用しますが、種類が色々あるため特徴を抑えておくといいです。また、価格がリーズナブルで多く普及しているのが手押し式のタイプで、敷地の広くない芝を刈り取るのに適しています。手押し式のタイプはコンパクトで軽いため女性や高齢者でも扱いやすく、保管しておくのにスペースを必要としません。エンジンや電動式の芝刈り機は、手押し式よりも重たいですが労力を使わずに芝を刈り取ることができます。そのため、エンジンや電動式の芝刈り機は、広い敷地の芝を刈り取るのに適しており、芝刈りの作業効率を高めます。